【世界一周航空券】ルート作成から発券まで個人でやる方法

20200602141859

わたしが利用した世界一周航空券の作成についてお話ししようと思います。言葉の響きはとても良い世界一周航空券ですが、発券までがなかなか大変なのです。

旅行代理店を利用して発券する方法もあるのですが、わたしは個人で手続き・発券しました。その奮闘実話をお伝えします(^O^)大げさ

こんな人におすすめ!

  • 世界一周航空券を利用する、または、利用を迷っており作成方法を知りたい
  • 費用を抑えながら世界一周したい
  • 世界一周航空券がどのようなものか知りたい

世界一周航空券のルール

わたしが利用したワンワールドの世界一周航空券では下記のようなルールが決められています。
  • 飛行機の利用は最大で16回まで。ただし、各自移動区間も1区間とカウントされる。
  •  大陸ごとにフライト制限がある。
  • 一度出た大陸にもう一度戻ることはできない。同じ大陸を行ったり来たりすることはできない。(例外あり)
  •  利用できる地域・航空会社は決められている。
 
などなど、上記に挙げたものはほんの一部です。

出発までに全ての日程とルートを決めなければなりません。 一見簡単なように思えますが、多くのルールを守りつつ、自分の旅のスタイルを織り交ぜて考えるとなかなか思うように組むことができませんでした。

 

世界一周航空券三つの発券手段

発券の方法としては、次の3パターンでしょうか。
  • 自分でルートからフライトまでを決めて直接旅行会社とやり取りをする
  • ルートからフライトまで全てを旅行会社に委託する
  • 一部を旅行会社に委託する
わたしの調べた限り、旅行会社への委託は一部のみであれば2〜3万円全てを委託すると、大抵どの旅行会社も10万円程度とっていました。頼む人いるのかな?と思っていたのですが、実際10万円を支払い発券している旅人もいました。
さすがに10万円を支払うことは考える余地もなかったので、わたしは自分で発券する方法を選択しました。

ここで10万円を支払うのであれば、格安で行くことのできる世界一周航空券の利点が少し薄れてしまうかもしれません。
LCCと世界一周航空券の料金を比較した記事も書いたので、ぜひそちらにも目を通してみて下さい。

世界一周航空券ルート作成の順序とポイント

訪れたい場所をピックアップ

まず初めに、自分の行きたい観光地、地域、国をピックアップ。ベストシーズンや参加したい祭などのイベントがあればその日にちを調べます。
旅をしている最中に、いろいろな情報を得て行きたい場所が増えていきます。世界一周航空券でもある程度自由に回ることや、旅の途中で旅程を変更することは可能ですが、出来る限りスムーズに動けるよう、捨てるチケットなどが出ないよう出発前の念入りな情報収集はとても大切です。
 

西回り・東回りを決める

出発時期から訪れたい国のシーズンを考えた上で、西回り・東回りのどちらが良いかを考えましょう。西回りの旅人が多い印象ですが、同じアジア 圏で親近感がある、英語が第二言語でありゆっくりとした英語で話せる、格安で予防接種が受けられる、などの理由によりアジアを最初に回る人が多いのかもしれません。
タイのカオサンはバックパッカーの聖地なので、ここを最初に訪れるべき!みたいな風習もあるのかな。

わたしはウユニ塩湖のシーズンとイースター島のフライトの空き状況を見て西回りにしました。南米はやはり旅の最後あたりがいいな〜といった個人の好みは大切です。
1ヶ月インドを回る予定をしていたのですが、序盤で旅の初心者がインドを回るのは危険だと感じたことと、旅慣れした頃の方がインドを楽しめると思ったので、アジア 圏でインドだけは旅の最後に持っていきました。

POINT!

同じ大陸を行き来できないというルールがありますが、例外があり、最初と最後でアジアを訪れることが可能!

 

訪れる大陸の順序を決める

基本的に大陸を行き来することはできないので、どの大陸から周るかを考え、利用したい経路のフライトがあるかを見ます。なければ違うルートや移動手段を考え直します。世界一周堂さんのこちらのHPから検索すると、どの経路のフライトが出ているかを調べることができます。 

世界一周堂は世界一周旅行を専門に取り扱う、日本で初めての旅行会社として設立。
今まで4,500人以上の世界一周旅行者をサポート、さらに2万5千を超える世界一周プランを作成してきた。 世界一周堂HPより

世界一周堂さんが出しているワンワールドのヨーロッパ、アジア 、オセアニア地方のフライト例です。

f:id:heeeeechaaaaan:20200119230651p:plain
ワンワールドでは、16区間という区間制限があり、各自移動も1区間とカウントされます。制限を越えてしまうようであればフライトを減らして陸路やその他の移動方法を考えます
 

各地域や国ごとの滞在期間を決める 

どの地域・国にどれくらいの期間滞在したいかを計算します。移動と休息時間を考慮し、最低でもひとつの町に3日はゆとりを持って見積もりました。移動途中の休息をするための街でも3日は見積もっておこうということです。鉄道やバスなど移動手段の運休日や、観光地の休館日など、予期せぬアクシデントで足を進められないことがあります。

あくまでも見積もりなので、大幅に予定は変わります。シビアになりすぎず、ゆとりを持たせてざっくりと決めることがポイントです。

 

組み合わせた日程でフライトを検索

組み合わせた日程にワンワールドの航空会社が運行しているフライトがあるかを調べます。スカイスキャナーであれば、ワンワールドやスターアライアンスなどの航空会社を選択できるので、検索しやすいですよ。

20200627152447

スカイスキャナーで検索を進めていくと、左端のサイドバーに上記の画面が出てきます。

治安のあまり良くない地域では、遅い時間帯や夜中に到着するようなフライトは避けたいところです。特に女性は注意。他の時間が見当たらない場合は、空港泊をして朝まで時間を過ごすか、空港から直結しているホテルがあれば安全ですね。空港泊でも夜中は閉まってしまう空港もあるので調べておきましょう。
POINT!

いつも慎重になって調べているフライトの値段は一切気にする必要はありません!

規定の航空会社から、フライトの発着時間、乗り継ぎの有無・待機時間を調べるだけでいいです。

わたしの実際のルートはこちらの記事で書いています^ ^

世界一周航空券個人での発券方法とポイント

最後にもう一度、世界一周航空券のルールから外れていないかを確認し、JALに直接電話をします!航空会社に直接電話をすることが滅多にないのでドキドキします( ˙-˙ )
(ANAでマイルを貯めたい方はANAに電話をしましょう)

世界一周航空券を購入したい旨を伝え、どのフライトを予約したいかを全て説明します。なので、電話をする前は、発着日時、発着場所、便名、フライト時間をまとめて記載した紙を手元に置いておきましょう

 
一度の電話で済むことはなく、 ここのルートはルール上変えないといけない、ここも一区間と計算されるので区間を減らさないといけない、この日程の空席はないのでその後の全ての日程をずらさないといけない、といったように何度も何度もJALと電話をして訂正を加えました

JALの窓口では、世界一周航空券専用の電話窓口はありません。すぐに返事がもらえるわけではなく、担当の部署に確認し、数時間または数日後に掛け直す、または掛け直してもらうといった感じでした。

電話に対応して下さる方は世界一周航空券の専門ではないので、直接電話で話すオペレーターより自分の方が詳しい場合もあり、話が通じにくい時もありました。
また、大きい航空会社であるため、すぐには電話が繋がらないので數十分待機することが多かったです。

POINT!

時間の余裕を持って航空券の発券に取り掛かりましょう!

イースター島のチケットは5ヶ月ほど前に予約をしようとしたのですが、すでに埋まっている日が多くありました。イースター島とウユニ塩湖をセットで旅をする人が多いので、ウユニのシーズンには周辺のフライトは取りにくくなるでしょう

仕事の空き時間にルートを作成し始めてから2ヶ月ほどかかりました

JALから全てのルートでOKをもらえた時の感動といったら、それはもう嬉しいという言葉では足りないくらい。

ひとり旅なので、もちろん誰とも喜びを分かち合えません。世界一周は旅に出るまでが本当に孤独なのです。笑
後々、旅行会社に10万円出して発券してもらうこともわからなくはないな( ̄▽ ̄)と思いました。
 

世界一周航空券ルート作成に悩んだ時の対処法

ルールが多すぎてもう意味わからない!となる時がきます。誰かに聞きたくても、詳しい人は近くにいないし、ブログを漁っても同じルートで行く人もなかなかいません。

そんなときは、世界一周堂さんにメールで相談してみましょう!
わたしの時は一回までなら無料で相談可能でした。その一回に思いの丈をぶつけましょう。ある程度知識をつけてからの方が良いかもしれませんね。一回と言いながら、二回無料で質問させてもらえましたよ^ ^

 

まとめ

ワンワールドの世界一周航空券にはたくさんのルールがあり、個人で発券するにはかなりの時間を要します。個人で全てを作成するのであれば、早めに取り掛かることをおすすめします。

出発までの日数と相談しながら、必要であれば旅行代理店に委託もできます。相談のみであればコストを抑えることもできるので、自分に合った方法を探してみて下さい。

こんなわたしでも個人で作成できたので、時間をかければそう難しいことではありません。世界一周航空券の利用を考えている人は、是非一度トライしてみて下さい ^ ^

 
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です