知らないと損!?世界一周航空券の魅力【お得情報】

20200602140611

前回の記事では、格安航空券(LCC)と世界一周航空券のふたつの航空券について比較をした記事を書きました。
今回は、世界一周航空券の魅力をまとめてお伝えしたいと思います ^ ^

世界一周航空券がおすすめだよ⭐︎と言いたいのではなく、世界一周航空券の使用に適しており、購入を迷われている方の情報提供となれば幸いです。

こんな人におすすめ!

  • 低予算で世界一周したい
  • 世界一周航空券の利用を迷っている
  • 世界一周航空券のお得なポイントについて知りたい

世界一周航空券の魅力

世界一周航空券の魅力的なポイントをまとめてご紹介していきます。わたしが利用したワンワールドの世界一周航空券を基本として挙げていきますね。

フライトの日程を電話一本かつ無料で変更できる

例えば、1月10日 23:00関空発 6:00デンパサール着 JAL108 この予約を
    1月15日 23:00関空発 6:00デンパサール着 JAL108 へ変更
オレンジの下線部を見てわかるように日付のみを変更しています。発着の時間や、発着地、搭乗便の変更は無料ではできません。日付以外の変更をしたい場合は、手数料はかかりますが変更は可能なので安心して下さい。
 

フライトに関わらず値段が一定である

例えば、ワンワールドの5大陸418,000円の世界一周航空券を購入したとします。この種類の券では、決められたルールの中で最大16フライトを自分で決めることができます。
オセアニアやイースター島のような高いフライトを選択しようが、ハイシーズンにフライトを予約しようが、418,000円であることに変わりはないのです。

逆に、単価の安い航空券ばかりを購入してしまうと損になるかもしれません。訪れる国やルートによって、格安航空券か世界一周航空券どちらがお得なのかが変わります

いかにお得に周れるかは、自分の腕次第ということです(^O^)

 

LCCや陸路での移動を使用することで自由に周れる

わたしが利用したワンワールドの世界一周航空券では、最大フライト数が16回までと制限があります。移動回数に限りがあるのであればそんなに国を回れないのでは?と思うかもしれませんが、フライトの取り方によってはいくらでも国は回れます

こちらの記事で自由に回れる方法について触れているので読んでみて下さい^ ^

 各国の既存の航空会社に乗って周ることができる

この見出しタイトルの通り、日本でいうJALやANAのようなフライトを利用できるのです!世界中の既存の航空会社を乗り回せるのでちょっとしたセレブ気分を味わえる(*´-`)
 
そして何より最大16フライト利用するので、その分のマイルがごっそり貯まります。次の旅行分のフライト代も浮きますよ♪

イースター島に行くことができる

わたしが購入したワンワールドの世界一周航空券では、唯一イースター島へ行けるフライトが選択できます

イースター島についてはモアイ像があることしか頭になかったのですが、それでも必ず訪れたかったので迷わずワンワールドの世界一周航空券を選択しました。

日本からイースター島に行くとしたらいくらかかるかご存知ですか?
なんとフライト代だけで片道15万円〜20万円します。5大陸回れる世界一周航空券が418,000円なので、下手したらイースター島に訪れるだけで世界一周航空券の半分の額に値します

ウユニ塩湖のシーズンである1月〜3月は、イースター島へのチケットの値段が跳ね上がり、すぐに売り切れてしまいます。世界一周航空券ではフライトの値段を考えなくて良いというメリットがこういった場面で大きく発揮されます

 

 

 世界一周航空券の種類

わたしが購入したワンワールド以外に、様々な航空連合から世界一周航空券が販売されています。
それぞれ特徴があり、自分に適したものを選択することができます。主要な4つの航空連合について、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

  • ワンワールド

    大陸制の世界一周航空券。
    飛行機は最大で16回まで利用可能、各大陸でフライト数の制限あり。基本的に一度出た大陸に戻ることはできない。
    イースター島に唯一行ける世界一周航空券。
    最低旅行日数の制限なし、有効期間は1年。
    たくさんの都市・大陸を周遊したい、南米やオーストラリアを周遊したいという人におすすめ

     

  • グローバルエクスプローラー

    ワンワールド系列航空会社+αのマイル制世界一周航空券。
    ワンワールドでは難しい、南西太平洋・中東・カナダ、アラスカを周遊したい人におすすめ

  • スターアライアンス

    マイル制世界一周航空券。
    ルールが簡単なので、オーソドックスな有名都市にとりあえず世界一周したいという人におすすめ
    アジア・欧州・アフリカを重視している人に特におすすめ。
    全日空が利用できるので、国際線が運航していない地方出発の人におすすめ。

  • スカイチーム

    マイル制の世界一周航空券。
    欧州(特にイタリア・フランス)、北中米を旅したい人におすすめ
    マイル制で、かつオセアニア大陸拠点の航空会社がないので、多大陸の周遊は不便
    ロシアやモンゴル、西アフリカに行きたい人におすすめ。

 

それぞれの世界一周航空券の中でも、マイル数や大陸数により値段も違い、エコノミークラスのみでなく、ビジネスクラスやファーストクラスの選択もできます。

世界一周航空券は世界一周だけではない!?

なんと準世界一周(世界半周)航空券というものがあるみたいです。もはや準世界一周ってどういうことや?という感じがしますが。
簡単に言えば世界半周のことみたいです。世界半周となれば選択肢もかなり広がりますよね。
 
世界一周航空券、準世界一周航空券については、世界一周堂さんが詳しく説明されているので是非確認してみて下さい。
 

まとめ

行きたい国に合わせて様々なフライトの組み合わせやチケットの種類があります。
海外旅行で一番お金を浮かせたいところが飛行機のチケットだと思う人は多いはず。

シーズンに関係なく値段が同じという世界一周・世界半周航空券で、格安航空券ではなく、既存の航空会社で旅行をできるのはかなりの魅力だと思います。
”シーズンに関係なく” ということは、エコノミークラス以上に、ファーストクラス、ビジネスクラスがさらにお得ということです。
 
旅行計画の際には、ぜひ、世界一周・半周航空券も検討に入れてみてください♪
 
 
皆様の旅がより快適になりますように(*´`*)
 
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です